原文との対訳として読みたい方へ:このページをローカルに保存して、スタイルシートの original クラスの display 属性を none から block に変更してみてください。

Network Working Group
Request for Comments: 4041
Category: Informational

A. Farrel
Old Dog Consulting
1 April 2005

Requirements for Morality Sections in Routing Area Drafts

Status of This Memo この文書の位置付け

This memo provides information for the Internet community. It does not specify an Internet standard of any kind. Distribution of this memo is unlimited. この文書はインターネットコミュニティのための情報を提供する。この文書は如何なるインターネット標準も規定しない。この文書の配布に制限はない。

Copyright Notice 著作権通知

Copyright (C) The Internet Society (2005).

Abstract 要約

It has often been the case that morality has not been given proper consideration in the design and specification of protocols produced within the Routing Area. This has led to a decline in the moral values within the Internet and attempts to retrofit a suitable moral code to implemented and deployed protocols has been shown to be sub-optimal. ルーティング分野で作成されるプロトコルの仕様と設計とにおいて、モラルの適切な考察がなされていないケースがしばしば見受けられる。そのためインターネットのモラルは低下しており、また既に実装・展開されているプロトコルに適切な道徳律を後付けする試みは次善の策であることが明らかになっている。

This document specifies a requirement for all new Routing Area Internet-Drafts to include a "Morality Considerations" section, and gives guidance on what that section should contain. この文書は、ルーティング分野における新しいインターネットドラフトが "モラル考察(Morality Considerations)" セクションを含むことを要求し、そのセクションがどのような内容を含むべきかのガイドラインを与える。

1. Introduction 1. 導入

It is well accepted by popular opinion and other reliable metrics that moral values are declining and that degeneracy is increasing. Young people are particularly at risk from the rising depravity in society and much of the blame can be squarely placed at the door of the Internet. If you do not feel safe on the streets at night, what do you think it is like on the Information Superhighway? モラルが低下し続けていること、そしてその低下の度合いも増加し続けていることは、世論や他の信頼できる指標により広く受け入れられている。特に若い世代は社会においてその増大する邪悪からの脅威に晒されており、その非難の多くを堂々とインターネットの入り口に置くことができる。もしあなたが夜道を安全だと感じられないのなら、情報スーパーハイウェイ上はどのようなものだと考えるだろか?

When new protocols or protocol extensions are developed within the Routing Area, it is often the case that not enough consideration is given to the impact of the protocol on the moral fiber of the Internet. The result is that moral consequences are only understood once the protocols have been implemented, and sometimes not until after they have been deployed. ルーティング分野において新しいプロトコルやプロトコルの拡張が開発されるとき、そのプロトコルがインターネットのモラルの質に与えるインパクトについて十分な考察が行われない場合がしばしば見られる。結果として、モラルの重大性はそのプロトコルが実装された時点でやっと理解されるか、時には配布された後でも理解されない。

The resultant attempts to restore appropriate behavior and purge the community of improper activities are not always easy or architecturally pleasant. Further, it is possible that certain protocol designs make morality particularly hard to achieve. その結果として、適切な振る舞いを回復し、不適切な活動をするコミュニティを清めるという試みが生じたが、それらが常に簡単でアーキテクチャ的に好ましいものとは限らない。その上、特定のプロトコルの設計がモラルの達成を特に困難にさせることもあり得る。

Recognising that moral issues are fundamental to the utility and success of protocols designed within the IETF, and that simply making a wishy-washy liberal-minded statement does not necessarily provide adequate guarantees of a correct and proper outcome for society, this document defines requirements for the inclusion of Morality Considerations sections in all Internet-Drafts produced within the Routing Area. Meeting these requirements will ensure that proper consideration is given to moral issues at all stages of the protocol development process, from Requirements and Architecture, through Specification and Applicability. モラルの問題は IETF 内で設計されるプロトコルの利便性と成功との基本であり、単純に優柔不断で自由主義的な声明を作成することが必ずしも社会のための正しく適切な結果を生み出すものではないことを認識し、この文書は、ルーティング分野において作成される全てのインターネットドラフトにモラル考察セクションを含むための要求事項を定義する。これらの要求にしたがうことは、仕様と適用性とにわたるプロトコルのすべての開発プロセス(要求事項から設計まで)において、モラルの問題に適切な考察がなされることを保証する。

The remainder of this document describes the necessary subsections of the Morality Considerations sections, and gives guidance about what information should be contained in those subsections. この文書の残りでは、モラル考察セクションになくてはならないサブセクションを説明し、それらのサブセクションが含むべき情報に関する指針を提供する。

1.1. Conventions Used in This Document 1.1 この文書で使用される慣例

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in RFC 2119 [RFC2119]. 文書内のキーワード "MUST" "MUST NOT" "REQUIRED" "SHALL" "SHALL NOT" "SHOULD" "SHOULD NOT" "RECOMMENDED" "MAY" "OPTIONAL" は、RFC 2119 [RFC2119] で説明されている通りに解釈される。

The key words "SHALT", "SHALT NOT", "SMITE", and "PILLAR OF SALT" in this document are to be interpreted as expected. 文書内のキーワード "SHALT" "SHALT NOT" "SMITE" "PILLAR OF SALT" は、期待通りの解釈をされる。

2. Presence and Placement of Morality Considerations Sections 2. モラル考察セクションの存在と位置

2.1. Null Morality Considerations Sections 2.1 空のモラル考察セクション

It may be the case that the authors of Internet-Drafts have no or few morals. This does not relieve them of their duty to understand the consequences of their actions. インターネットドラフトの著者がわずかなモラルしか持たないか、全く持たない場合もあるだろう。しかしそれは、彼らの行動の結果を理解する義務を彼らから取り除くものではない。

The more likely an author is to say that a null Morality Considerations section is acceptable, the more pressure must be exerted on him by the Area and the appropriate Working Group to ensure that he gives full consideration to his actions, and reflects long and hard on the consequences of his writing and the value of his life. 空のモラル考察セクションが受け入れられると著者が主張しそうになればなるほど、彼が行動を十分に検討し、彼の著作物の結果と彼の人生の価値とに長く強力に反映することを確実にするために、その分野と適切なワーキンググループとによる更なる圧力がかけられるべきである。

On the other hand, some authors are well known to have the highest moral pedigree: a fact that is plainly obvious from the company they keep, the Working Groups they attend, and their eligibility for NomCom. It is clearly unnecessary for such esteemed persons to waste effort on Morality Considerations sections. It is inconceivable that anything that they write would have anything other than a beneficial effect on the Routing Area and the Internet in general. 一方で一部の著者は、彼らが経営している企業や参加しているワーキンググループ、あるいは NomCom の資格などから明らかな事実として、最高のモラル血統書を持っている人物として知られている。そのような尊敬すべき人物がモラル考察セクションについて労力を削ぐことは、明らかに不必要である。何であろうと彼らの書くことは、インターネットとルーティング分野とに好影響を与えないものとは考えられない。

2.2. Mandatory Subsections 2.2. 必須のサブセクション

If the Morality Considerations section is present, it MUST contain at least the following subsections. The content of these subsections is surely self-evident to any right-thinking person. Further guidance can be obtained from your moral guardian, your household gods, or from any member of the IMM (Internet Moral Majority). モラル考察セクションが提供される場合、それには少なくとも以下のサブセクションを含まなければならない(MUST)。これらのサブセクションの内容は、正しい考えを持つ人にとっては分かり切ったものである。あなたのモラル後見人やあなたの家庭の守護神、あるいは IMM (インターネットモラル多数派(Internet Moral Majority))のメンバーから、さらなる指導を得ることもできる。

Even if one or more of these subsections are considered irrelevant, they MUST all still be present, and MUST contain a full rebuttal of this deviant thought. これらのサブセクションのひとつまたは複数が無関係と思われる場合でも、これらは全て示され なければならず(MUST)、その逸脱した考えの完全な論拠を含まなければならない(MUST)。

2.3. Optional Subsections 2.3. 任意のサブセクション

Additional subsections may be added to accommodate zealots. 狂信者に適応するために別のサブセクションが追加されてもよい。

2.4. Placement of Morality Considerations Sections 2.4. モラル考察セクションの位置

The Morality Considerations section MUST be given full prominence in each Internet Draft. 各インターネットドラフト内においてモラル考察セクションは目立つ位置を与えられなければならない(MUST)。

3. Applicability Scenarios 3. 適用シナリオ

This section outlines, by way of example, some particular areas that are in dire need of reform and where a short, sharp shock could make a really big difference. このセクションでは例を通して、大きな改良の必要がある特別な分野と、短時間の激しい衝撃が非常に大きな差を生むかもしれない場所とを概説する。

3.1. Provision of Services 3.1. サービスの提供

We must do our utmost to ensure that services are delivered in a timely and reliable way. Emphasis should be placed on Quality of Service (QoS) and meeting the needs of the consumer of the service. 私たちは、タイムリーかつ信頼できる方法によってサービスが提供されることを保証するために全力を挙げなければならない。サービス品質(QoS:Quality of Service)に重点を置き、サービス利用者の要求を満足させるべきである。

Arrangements should be made for regular provision of services, and sermons should be to the point and contain a strong moral message. 均一なサービスを提供するための準備がなされるべきであるし、説教は要領を得た強力な道徳的メッセージを含むべきである。

3.2. Political Correctness (PC) 3.2. 政治的正当性

Political correctness has gone too far. This problem can be traced way back to the 1970s when the desktop PC was invented. It is necessary for Internet-Drafts to observe a form of political correctness, but note that you do not always have to mean what you say. 政治的正当性は度が過ぎた。この問題はデスクトップ PC が発明された 1970 年代にまでさかのぼることができる。インターネットドラフトは政治的正当性の基準をよく観察する必要がある。ただし、常にまじめな発言をしなければならないわけではないことに注意してほしい。

3.2.1. Differentiated Services 3.2.1. サービス分離

Segregation of packets on the grounds of color is now banned and Internet-Drafts must not make use of this technique. 背景色によるパケットの分離はもはや崩壊している。インターネットドラフトはこの技術を使用してはならない。

If you follow all of the recommendations in this document, you will find that "packets of color" (as we must now refer to them) tend to avoid your points of presence, and you will no longer be troubled by them. この文書のすべての推奨事項にしたがえば、"色パケット(packets of color)" があなたの存在を避ける傾向があることに気付くだろう。それらに悩まされることはもう無いだろう。

3.2.2. Jumbo Packets 3.2.2. ジャンボパケット

It is no longer appropriate to refer to "jumbo packets". Please use the term "capacitorially challenged". "ジャンボパケット(jumbo packets)" に言及することはもはや適切ではない。"容量障害(capacitorially challenged)" という用語を使ってほしい。

3.2.3. Byte Ordering 3.2.3. バイトオーダー

Note that within Internet-Drafts, bytes (and bits) progress from the left to the right. This is how things should be. インターネットドラフトにおいてバイト(そしてビット)は左から右へ進むことに注意してほしい。これは物事のあるべき姿である。

3.3. Protection or Abstinence 3.3. 保護または自制

Much has been made recently of the need to provide protection within the Internet. It is the role of the IMM to determine when protection is required, and the role of the IESG bulldogs to ensure that we are all protected. 近年、インターネットにおいて保護機能を提供するために必要なものが多くなっている。保護が必要なときを判断するのは IMM の役割であり、我々が保護されていることを保証するのは IESG の頑固者たちの役割である。

However, protection is only one way to prevent unplanned outages and, as we all know, the ready availability of protection schemes such as 1:1 (one-on-one) or 1:n (orgy-mode) have lead to a belief that it is acceptable to switch (or swing) at will. It should be noted that protection can fail, and under no circumstances should extra traffic be countenanced. しかしながら、保護機能は予期せぬ機能停止を回避するひとつの手段に過ぎないし、またよく知られているように、例えば 1:1 (一対一)または 1:n (乱交モード)のような既存の保護方法は、自由に入れ替わる(あるいは向きを変える)ことが許されるという信念に導いてきた。保護機能が失敗する可能性に注意するべきであるし、どのような状況であれ、余計なトラフィックは容認されるべきではない。

In reality, the only safe way to avoid passing data to your friends is to agree to pledge to have no control plane before marriage. Join our campaign and sign up for the SONET Ring Thing. 実際のところ、あなたの友人に情報が流れてしまうことを避ける唯一の安全な方法は、結婚前に制御プレーンを持たないという誓約に同意することだけである。私たちの活動に参加し、SONET Ring に入会しよう。

3.4. Promiscuity 3.4. 乱交

Various disgusting protocols indulge in promiscuity. This appears to happen most often when an operator is unwilling to select a single partner and wants to play the field. さまざまなうんざりするプロトコルが乱交に満足している。これはほとんどの場合、オペレータが単独の相手を選ぶことを嫌い、交際範囲を広めたいと考えたときに起こるように見える。

Promiscuous modes of operation are an abomination, exceeded only by multicast. 乱交モードは醜悪なものであり、それを超えるのはマルチキャストだけである。

4. Terminology 4. 用語集

Admission Control 流入制御
The caring investigative arm of the IMM. IMM の介護調査部門。
Port 666. Need we say more? ポート 666。それ以上言うべきことがあるか?
What is this? Some kind of Communism? 何だこれは?共産主義の一種か?
The root of all evil. 諸悪の根源。
What is with this "layer two-and-a-half" nonsense? The world is flat, just accept the fact. この "レイヤ 2.5(layer two-and-a-half)" とか言うたわごとはどうなった?世界は平坦であるという事実を単純に受け入れればよいのだ。
Packet Switching パケットスイッチング
Sounds like fraud to me. 私には詐欺のように聞こえる。
Path パス
The route of all LSPs. すべての LSP の経路。
Policy Control ポリシー制御
The administrative arm of the IMM. IMM の管理部門。
Random Walk ランダムウォーク
Substance abuse is to be avoided. 薬物乱用は避けられるべきことである。
Rendezvous Point 集合場所
Poorly lit street corner. Not to be confused with the root of all multicast. 薄暗い街角。すべてのマルチキャストの発生源と混同してはならない。
Standard Body 標準体型
What we should all strive for. 私たち全員が努力すべきこと。
Strawberry Ice Cream いちごアイスクリーム
Something that wills the void between rational discussion and all-out thermo nuclear war [SCREAM]. 理性的な議論と全面熱核戦争との間を望んでいるもの[SCREAM]。

5. Morality Considerations 5. モラル考察

The moral pedigree of the author of this document places him and his writings beyond question. この文書の著者のモラル血統書は、彼/彼女の文書を疑問の余地のないものにしている。

6. IANA Considerations 6. IANA 考察

IANA should think carefully about the protection of their immortal souls. IANA は、その不滅の魂の保護について慎重に考えるべきである。

7. Security Considerations 7. セキュリティ考察

Security is of the utmost importance. セキュリティは最高に重要である。

A secure Internet community will ensure the security of all of its members. 安全なインターネットコミュニティは、その全メンバーのセキュリティを保証するだろう。

8. Acknowledgements 8. 謝辞

I would like to thank my guru Alex Dipandra-Zinin. 私の教祖、Alex Dipandra-Zinin に感謝したい。

Jozef Wroblewski, who clearly knows promiscuous behavior when he sees it, pointed out some of the dangers in promiscuous operation. 現場を見れば明確に乱交状態だと分かる人物 Jozef Wroblewski は、乱交におけるいくつかの危険を指摘した。

No avian carriers were harmed in the production of this document. 鳥類キャリアはこの文書の内容のような被害を受けることはないだろう。

9. Intellectual Property Considerations 9. 知的財産考察

Property is theft. What is yours is mine. What is mine, you keep your hands off. 財産とは窃盗である。おまえのものは俺のもの。俺のものに触るな。

10. Normative References 10. 引用規格

I don't need to be told how to formulate my morals. 私は自分のモラルを公式化する方法を教えてもらう必要はない。

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

11. Informative References 11. 参考規格

To be frank, I don't find many other documents informative. 正直に言って、私は他の文書の多くに参考情報を見つけられなかった。

[SCREAM] Farrel, A., "Observations on Proposing Protocol Enhancements that Address Stated Requirements but also go Further by Meeting more General Needs", Work in Progress, June 2003. [SCREAM] Farrel, A., "Observations on Proposing Protocol Enhancements that Address Stated Requirements but also go Further by Meeting more General Needs", 未完成, June 2003.

Author's Address 著者のアドレス

   Adrian Farrel
   Old Dog Consulting

   Phone: I'm not telling you that.  Why do you ask, anyway?
   EMail: adrian@olddog.co.uk

Full Copyright Statement

Copyright (C) The Internet Society (2005).

This document is subject to the rights, licenses and restrictions contained in BCP 78 and at www.rfc-editor.org/copyright.html, and except as set forth therein, the authors retain all their rights.


Intellectual Property

The IETF takes no position regarding the validity or scope of any Intellectual Property Rights or other rights that might be claimed to pertain to the implementation or use of the technology described in this document or the extent to which any license under such rights might or might not be available; nor does it represent that it has made any independent effort to identify any such rights. Information on the procedures with respect to rights in RFC documents can be found in BCP 78 and BCP 79.

Copies of IPR disclosures made to the IETF Secretariat and any assurances of licenses to be made available, or the result of an attempt made to obtain a general license or permission for the use of such proprietary rights by implementers or users of this specification can be obtained from the IETF on-line IPR repository at http://www.ietf.org/ipr.

The IETF invites any interested party to bring to its attention any copyrights, patents or patent applications, or other proprietary rights that may cover technology that may be required to implement this standard. Please address the information to the IETF at ietf- ipr@ietf.org.

Acknowledgement 謝辞

Funding for the RFC Editor function is currently provided by the Internet Society. RFC 編集者の働きに対する資金は Internet Society によって提供されている。